毎月配当金が欲しいんじゃ!

米国株の情報を中心に他ではあまり見ない個別株とETFを取り上げるよ。

今高配当なのはもう旬を過ぎている?

f:id:sika-fox:20200516235801p:image

高配当株は熟れすぎた果実なのか?

スーパーで半額シールを貼って売ってたりするアレです。

 

なんらかの魅力的なアドバンテージを提供しなければ買ってくれない状態、そのために高配当になってると考えられます。

 

閉店間際で半額ならいざ知らず、7割ー8割引きなんてもう廃棄寸前ですね。株でいったら利回り10%越えですよ。

 

株には鮮度という概念がないので持ち直すことで、トレンドに戻れれば株価も上がり利回りも下がるでしょう。

 

鮮度のいい株は成長に原資を振り分けるので無配が多いんです。例:Amazon

だけど株主を増やすには配当を出すという戦略もあり、それは会社次第です。

 

過去の事例から学ぶ

ウォーレン・バフェットはコカコーラの株をかなり初期から購入しずっと持っているので配当利回りは取得時から計算すると48%というデータもあります。

 

成熟した企業の配当をもらうより

これから伸びてくる企業で、低配当でも配当金を出しているところを買って投資すると成長した場合の利回りは5%を超えてくるのではないかと考えます。

 

いい会社をいいタイミングでいい価格で買い、長期で持ち続ければ、10%とかそんなレベルを超えてきます。

 

じゃあなに買おうか?

ヒントとしてSPSMとSPTMから配当が低い(1%程度)、価格も安いので楽天証券で買える銘柄を探してみます。チャートは決して良くありません自分でよく見て判断して買うことをおすすめします。

 

PRSP    パースペクタ

株価  21.99ドル

利回り 1.13%

エンドツーエンドの情報技術(IT)サービスとミッションソリューションを政府の顧客に提供する。


EGOV      NIC INC   (EGOV)

株価 22.42ドル

利回り 1.67%

政府が企業や市民にサービスを提供するためにテクノロジーを使用するのを支援するデジタル政府サービスのプロバイダーである。

 

この辺りかな。

まだまだ探してみます。

 

 

最後まで読んでくれてありがとうございます。

気に入ったなら下のランキングボタン押してくださればうれしいです。

にほんブログ村 株ブログ 配当・配当金へ